banner

【相続手続】相続人の中に認知症の方がいる場合の相続手続き

認知症などで判断能力が不十分な方は、
遺産分割協議において、正常な判断ができません。
それをいいことに遺産を分配しなかったら、
認知症の方は、不利益を被ることになってしまいます。


よって、相続人に認知症の方がいらっしゃる場合には、
その方のために、成年後見人を選任してあげる必要があります。


成年後見人とは、認知症などで判断能力が低下した人に代わって、
財産の管理や介護施設との契約をするなどの法律行為を行います。


遺産分割の際も、この成年後見人が認知症の方の代わりに遺産分割協議に参加し、
必要書類に署名押印をして相続手続をすることになります。


成年後見人は、認知症の方を代理して遺産分割協議に参加するわけですから、
他の相続人の意向を聞いて、本人に不利益な内容の遺産分割協議書に
署名押印をするなんてことはできません。


★成年後見人の申立て方法

●申立てを行う裁判所

 ご本人の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てして下さい。
 岸和田市、泉大津市、貝塚市、和泉市、忠岡町、泉佐野市、泉南市、阪南市、熊
 取町、田尻町、岬町の場合は、大阪家庭裁判所岸和田支部に申立てます。

           大阪家庭裁判所 岸和田支部
           大阪府岸和田市加守町4‐27‐2
           南海本線春木駅から徒歩12分
           TEL 072-442-6803

 申立ては郵送でも可能です。
 詳しくは最寄りの家庭裁判所にご確認下さい。


●申立てをすることができる方

 本人、配偶者、4親等内の親族(親、祖父母、孫、兄弟姉妹、甥・姪)など


●申立てに必要な書類

 ・申立書(後見、保佐、補助共通)
 ・代理行為目録(保佐、補助の場合)
 ・同意行為目録(補助の場合)
 ・本人に関する照会書
 ・親族関係図
 ・親族同意書
 ・財産目録
 ・相続財産目録(相続財産がある場合)
 ・遺産分割協議書案(遺産分割協議のために後見人を選任する場合)
 ・収支目録
 ・候補者に関する照会書
 ・申述書
 ・成年後見用診断書
 ・本人の登記されていないことの証明書
 ・申立人及び本人、後見人候補者の戸籍謄本
 ・本人及び後見人候補者の住民票
 ・その他財産に関する資料(通帳のコピー、不動産登記事項証明書など)

  ※家庭裁判所に、これらの書類をまとめた「成年後見申立てセット」がありま
   すので、詳しくは、最寄りの家庭裁判所にご確認下さい。
   こちらの裁判所ページにも、書式があります。
        ≫ 申立て等で使う書式例(裁判所WEBサイト)


●申立てに必要な費用

 ・申立手数料(1件につき800円の収入印紙
 ・登記印紙(4,000円分
 ・郵便切手(申立てをする家庭裁判所により異なります)
     大阪家庭裁判所岸和田支部の場合
      500円切手 ×  2枚
       80円切手 × 20枚
       50円切手 × 10枚
       20円切手 × 10枚
       10円切手 × 20枚
        計 3,500円分
  ※必ず、事前に最寄りの家庭裁判所にご確認下さい。
 ・鑑定費用(5万円~10万円程度)


●成年後見人選任までにかかる期間

 一般的には、3~4カ月程度かかります。

★業務対応エリア

大阪府 : 堺市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取
      町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市





Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.