banner

誰が相続人となるの? ~法定相続人と法定相続分~

相続が発生すると、相続財産は全相続人の共有財産になります。
では、相続人となるのは誰なのでしょうか? 
被相続人(亡くなられた方)が遺言書を残していた場合は、遺言書の内容が最優先されます。
遺言書がない場合には、民法により相続人の範囲・順位および相続分が決められており、
これらの人のことを法定相続人と呼んでいます。


法定相続人の順位


法定相続人は、配偶者相続人血族相続人の2本立てで構成されています。
配偶者相続人は、被相続人の妻又は夫です。
また、血族相続人は、被相続人の子、直系尊属、兄弟姉妹が該当します。

これらの法定相続人を図で表したのが、次の「相続関係図」です。


相続順位図

 

配偶者は常に相続人ですが、
血族相続人については、先順位の相続人がひとりもいない
あるいは全員が相続を放棄した場合に、次順位の方が相続権を得ることになっています。


(1)第1順位の相続人 = (養子も含みます)

 被相続人に子がいれば、その子は第一順位の相続人となります。
 嫡出子(婚姻関係にある男女から生まれた子)であると非嫡出子であるとは問いません。
 胎児は、相続に関しては生まれたものとみなし、相続人となります(ただし、流産や死産であった
 場合は相続人ではなかったことになります)。

 子が既に死亡している場合には、その子(孫)が代わりに相続人となります。
 これを代襲相続といいます。
 ただし、養子縁組前に既に生れていた養子の子は、
 代襲相続できませんので、ご注意ください。


(2)第2順位の相続人 = 直系尊属(両親・祖父母など)

 第1順位の相続人がいない場合、親が相続人となります。
 両親が共に亡くなっている場合には、祖父母が相続人になります。
 祖父母も亡くなっている場合には(生存していれば)曹祖父母が相続人となります。
 親には実父母も養父母も含まれます(普通養子縁組の場合)。

 また、子が相続人の場合と同じく、
 兄弟姉妹が相続の時点で既に死亡している場合には、その子(甥・姪)が代襲相続します。
 ただし、甥・姪も死亡している場合には、子の場合と異なり、
 さらに代襲相続(再代襲)されることはなく一代限りとなっています。


(3)第3順位の相続人 = 兄弟姉妹

 第1・第2順位ともに相続人がいない場合は、兄弟姉妹が相続人となります。


(4)配偶者は常に相続人となります。

 配偶者は常に相続人となります。
 ここでいう配偶者は、戸籍上の配偶者のことをいい、
 籍を入れていない内縁の妻は相続人にはなれません。
 ですから、内縁の妻に財産を遺してあげる場合には、遺言を遺しておくことが大切です。


法定相続分


では、相続人が決まったところで、各相続人はどれだけの財産を相続できるのでしょうか?
民法では、原則として、次の表のような割合で、各相続人の相続分が定められています。
これを「法定相続分」といっています。


相 続 人 法 定 相 続 人
配偶者と子が相続人の場合 配偶者 2分の1  子  2分の1
配偶者と直系尊属が相続人の場合 配偶者 3分の2 父 母 3分の1
配偶者と直系尊属が相続人の場合 配偶者 4分の3 兄弟姉妹 4分の1
配偶者のみの場合 全  部
血族相続人のみの場合 全部(同順位の相続人が複数いれば等分する)
 

(1)配偶者と子が相続人の場合

 配偶者は2分の1、子は2分の1の相続分になります。
 子が複数いる場合は、子の人数で等分します。
 ただし、非嫡出子(法律上の婚姻関係にない男女間にできた子)がいる場合は
 嫡出子の2分の1となります。


(2)配偶者と直系尊属が相続人の場合

 配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1の相続割合になります。
 被相続人が養子の場合、養親だけでなく実親も直系尊属となります(普通養子縁組の場合)。


(3)配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合

 配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1の相続割合となります。
 兄弟姉妹が複数いる場合は、兄弟姉妹の人数で等分します。
 なお、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹(半血)の相続分は、
 父母の双方を同じくする兄弟姉妹(全血)の2分の1とされています。


(4)配偶者又は血族相続人のみの場合

 配偶者のみの場合は、全財産を配偶者が相続します。
 また、血族相続人のみの場合は、同順位の相続人の頭数で等分します。


代襲相続人


故人(被相続人)より先に相続人が亡くなってしまうことがあります。
この場合には、その相続人の相続権は消滅してしまうのでしょうか?

 

いえ、そんなことはありません。それが代襲相続という制度です。

 

代襲相続の制度は、生きていれば相続人になれたはずの人が被相続人より先に死亡すると、
先に死亡した人の家族は、
後々受け取れるはずであった財産を受け取ることができず不公平なものとなります。

 

そこで、被相続人より先に死亡した人に子どもがいた場合、
その子どもが死亡した親に代わって相続人となるようにしました。
これが代襲相続です。
また、代襲相続するはずのものも死亡していた場合、
さらにその子どもが代襲相続します。これを再代襲といいます。

 

代襲相続ができるのは、兄弟姉妹だけです。
直系尊属・配偶者の子は代襲相続できません。
また、再代襲は第1順位(子・直系子孫)だけで兄弟姉妹にはありません。
つまり、兄弟姉妹が相続人の場合は、
甥・姪までしか代襲相続することができないということです。


相続のお手続きは「泉佐野 相続手続相談室」にお任せ下さい!


  あらゆる相続手続を司法書士・税理士等の専門家と協力してワンストップサポート!

  

  



★業務対応エリア


大阪府 : 堺市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取
      町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市


Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.