banner

運営事務所概要

顔写真行政書士 中村 武
1974年鳥取県鳥取市生まれ。
関西大学工学部卒業後、ジャスコ株式会社(現イオン株式会社)に入
社。新店の開設委員として西日本各地の店舗に勤務。大きな会社でや
りがいもありましたが、将来、自分の力で仕事をしたいと考え退社を
決意しました。
その後、行政書士試験を受験し,1度の試験で合格。2008年に大阪府
阪南市で遺言・相続・成年後見など高齢者法務を主要業務とする地域
密着型
の行政書士事務所を開業いたしました。


大阪・和歌山 遺言相続手続支援室にお越し頂きまして誠にありがとうございます。
当サイトを運営しております行政書士中村法務事務所の中村武と申します。

当事務所は、
開業後から提携行政書士と南大阪各地域で出張無料相談会を開催してきました。

その相談会の中で多くの相談者様に出会い、
抱えられているお悩みを伺ってまいりました。

ご相談の中には、既に当事者間では対処が難しくなっているものもあり、
弁護士への相談が必要であったり家庭裁判所での手続が必要な事案も多くありました。

このような事案の中には、早期に問題を把握して対処しておけば、
予防できるものも多くあり、私としても残念で辛い思いをしてきました。

このような相続発生に基づく争いを防ぐひとつの方法が、
生前にご自身の意思を書面に残しておくこと、そう、遺言書を作成しておくことです。

ただ、遺言書の作成は、単に法律の規定通りに作成すれば良いのかというと、
そういう訳でもありません。

というのは、相続の手続や遺言書の作成には、
遺産を受け継ぐ相続人や財産を残す遺言者の心情的な部分を多く含み、
単純に法律論だけでは割り切れない部分があることが少なくないからです。

法的には、遺言のとおり進めていくことが可能であっても、
そのことによって、残されたご家族の仲が悪くなってしまうこともあります。

これでは、相続争いを予防するために作成した遺言書が、
逆に新たな相続争いを招く種になってしまいます。
実際に、このような遺言書というものも多く見受けられます。

遺言書は、ご本人の意思に基づいて作成することはもちろんできますが、
その遺言により、
どのような争いが起こり得るのかについても考えておかなくてはなりません。

起こり得る争いを予測し、その争いが起こる可能性を少しでも軽減すること、
それが遺言書の作成においては重要なことです。

しかし、それには、法律上の知識も必要ではありますが、遺言や相続について
多くの事案に対応してきた経験コンサルティング能力が必要とされます。

当事務所では、ご依頼者様のお気持ちとご家族の幸せを考えた遺言書の作成支援
ご家族を亡くされた方々の負担を少しでも軽くできるように
煩わしい相続手続きのご支援をさせて頂いております。

ご相談は無料ですので、ご遠慮なく、当事務所までご連絡ください。

≫ 当事務所の経営理念及び行動指針について


★事務所概要

事務所名 行政書士中村法務事務所
所在地 大阪泉佐野市葵町3丁目9番18号 J・Y・Y21 302号
TEL/FAX 072-424-8576
メールアドレス info@nakamura-houmu.com
代表者 中村 武
業務内容 遺産分割支援
遺言書作成支援
成年後見手続支援
生前贈与コンサルティング
その他任意後見契約書・財産管理委任契約書
尊厳死宣言書等の老いじたく支援業務
開業日 平成20年1月1日

★事務所アクセス

 電車に来られる方につきましては、
   南海本線「泉佐野」駅
   JR阪和線「日根野」駅
 で下車してください。
 お電話頂ければ、駅までお迎えにあがります。

大阪のはずれではありますが、
北は高石市から南は和歌山市からご来所される方が多い事務所です。

岸和田市・阪南市から車で20~30分程度でご来所頂けます。


大きな地図で見る

泉佐野相続手続相談室 ご利用のメリット相続手続一括代行サービス泉佐野相続手続相談室 サービスメニュー&料金プラン



業務対応エリア


大阪府 : 堺市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取
      町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市


Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.