banner

【相続手続】相続に伴う自動車の名義変更・廃車手続きについて

車の名義人がお亡くなりになられた場合には、
その自動車は相続人全員の共有財産となります。

そして、その自動車を相続する方の名義に変える場合には、
管轄する陸運局での名義変更手続(移転登録)が必要となります。
 
相続による移転登録を行う場合には、
売買等による移転登録と異なり、
被相続人(お亡くなりになられた方)や
相続人の戸籍や遺産分割協議書等の書類が別途必要となり、
手続が煩雑になっています。
 
また、譲り受ける方がいなくて廃車とする場合にも、
一旦、相続による名義変更を行ってから廃車手続を行う必要があります。

 
当事務所では、
相続によりお車を譲り受けた方のために名義変更手続を代行しています。


相続による名義変更の場合には、
相続の方法(単独相続なの共同相続なのか)により必要書類が異なったり、
遺産分割協議書の作成や戸籍の収集など、
手間のかかる手続もございます。

名義変更手続をスムーズかつ確実に終えるためにも、
当事務所の名義変更手続サービスをご利用下さい!

 
※軽自動車を相続により取得する場合には、通常の名義変更の手続きと変わりません。


★相続人のうちのお一人が相続される場合に必要な書類


移転登録申請書

運輸支局の販売窓口で購入

手数料納付書

運輸支局で購入できます。

戸籍謄本

被相続人の死亡が確認できるもので、相続人全員の記載が必要。
戸籍謄本だけで確認できない場合には、原戸籍や除籍謄本等も必要となります。

遺産分割協議書

相続人全員の実印を押印したもの

相続する方の印鑑証明書

ご自身で手続をされる場合。
※発行後、3ヵ月以内のもの

自動車検査証

検査有効期限の記載があるもの

自動車保管場所証明書
(車庫証明)

自動車検査証に記載されている被相続人の住所と相続する者の住所が異なる場合に必要。

相続する方の実印

単独相続する方のもの(代理人申請をしない場合)。

委任状

単独相続する方の実印を押印したもの

10

相続人に未成年者がいる場合

未成年者の特別代理人を家庭裁判所に選任してもらい、特別代理人が遺産分割協議書に未成年者に代わり実印を押印して印鑑証明書を添付する必要があります。


★相続人以外の第三者に譲り渡す場合


相続人以外の第3者に自動車を譲り渡す場合には、
一旦、相続人へ相続による名義変更手続を行い、
その後、譲り受け人へ通常のの名義変更手続を行います。

手続については一度に行うことができますが、
2段階の名義変更を行う必要がございます。


★自動車相続手続きサポート


幣事務所では、戸籍の収集から車庫証明の取得運輸支局での手続きを代行しております。
依頼者様には、原則として、相続人様全員に必要書類に押印をして頂くのみでお手間をお掛けしません。

ストレスなく自動車の相続手続きを完了させるために、ぜひ、幣事務所の「自動車相続手続きサポート」をご利用ください。

相続手続きに必要な戸籍関係書類一式の取り寄せのみの代行もしております。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。  >> 戸籍の取り寄せ代行サービス


●サポート内容と報酬

運輸支局における相続手続に必要な書類の収集・作成・自動車の名義変更手続きのすべてを行います。


業 務 名 報 酬 額 実  費 合  計
基本プラン
○相続手続に関するご相談対応
○戸籍謄本等の取り寄せ
○遺産分割協議書の作成(自動車手続用)
○運輸支局における手続書類の手配
○車庫証明書の取得
○自動車の相続手続き
32,400円 ・戸籍・住民票取得手数料(通数による)
・戸籍の取り寄せに必要な郵送料
・車庫証明手数料 2,700円
・移転登録手数料  500円
32,400円
+
実費

※上記は、和泉・堺ナンバーナンバーの変更がない場合基本報酬額となります。
 なにわナンバー管轄の場合+5,400円、大阪ナンバー管轄の場合+10,800円となります。
 初回面談時に詳しいお話を伺った上で、お見積もりをさせて頂きます。



相続のお手続きは「泉佐野 相続手続相談室」にお任せ下さい!




泉佐野相続手続相談室 ご利用のメリット相続手続一括代行サービス泉佐野相続手続相談室 サービスメニュー&料金プラン



業務対応エリア


大阪府 : 堺市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取町
     泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市




Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.