banner

【相続手続】ゆうちょ銀行における預貯金の相続手続について

幣事務所では、
相続における預貯金の解約手続きの代行をさせて頂いておりますが、
お亡くなりになった方が所有している金融機関口座の中に、
必ずと言っていいほど、ゆうちょ銀行の口座が含まれています。


民営化されはしましたが、今でも自宅の近くにあって、
身近で安心できるのでしょう。
特にご年配の方は、その傾向が顕著です。


ただ、相続の手続となると、他の金融機関に比べて手続方法が特殊です。
換金するまでに、少なくとも3回程度は、郵便局の窓口まで行く必要があります。
また、書類の受渡しは、郵便局の窓口でするのですが、
実際の手続は、「貯金事務センター」で一括して行っています。
ですから、窓口の担当者も不慣れなこともあり、
窓口でけっこうな時間待たされることがあります。


そこで、ゆうちょ銀行での相続手続きをなるべくスムーズに進めて頂けるよう
ここでは、手続の流れについてご説明したいと思います。
上記のゆうちょ銀行のWEBサイトにも
貯金等の相続手続のながれ」というファイルがありますので、
併せて確認しておくとよいでしょう。


相続手続を行う際には、お亡くなりになられた方が通常貯金だけではなく、
定額貯金等に何口も加入している場合がありますので、
事前に、他の口座がないか現存照会をしておきましょう。
但し、この現存照会については、1~2週間程度かかる場合があります。


★ゆうちょ銀行での相続手続の流れ


1.最寄りの郵便局の窓口で被相続人様の死亡を通知します。そうすると、「相続
  確認表
」という書類が渡されますので、書類に必要事項を記入して提出します。

  この時点で、故人のゆうちょ銀行の口座が凍結されます。
  口座の凍結については、こちらのページをご覧ください。

  >> 【相続コラム】亡くなると個人の預金口座は凍結される
  
  この書類には押印箇所はありませんので、その場で記入することも可能です。
  また、下記ゆうちょ銀行のWEBサイトでダウンロードすることも可能です。
     相続手続き-ゆうちょ銀行(ゆうちょ銀行WEBサイト)


2.郵便局の窓口に「相続確認表兼貯金等支払停止依頼書」を提出したら、貯金事
  務センターから「相続手続請求書」などの書類が届きます。
  
  届いた書類の中に、「必要所類一覧表」が同封されていますので、そのとおり
  必要書類を準備し、「相続手続請求書」の必要箇所に相続人全員の署名捺印を
  して郵便局の窓口に提出します。
  
  貯金事務センターからの郵送物の中には、返信用封筒も入っていますが、これ
  は、最寄りの郵便局から事務センターへの送付用となっていますので、必ず、
  窓口に書類を持参して、間違いがないかを確認してもらって下さい。


  手続に必要な書類は次のとおりとなります。
  ①被相続人の出生から死亡まで(あるいは婚姻以降)の戸籍
   本来の相続人の中で死亡している方がいる場合には、その方の出生から死亡
   まで(あるいは婚姻以降)の戸籍も必要です。

   戸籍の収集についてはこちらをご覧ください。
   >> 相続人調査(戸籍の収集・調査)

  ②相続人全員の印鑑証明書

  ③貯金等相続手続請求書

3.貯金事務センターから、代表相続人あてに払戻しに係る請求書(払戻しの場
  合)又は名義書換済みの通帳等(名義書換の場合)が簡易書留郵便で送付さ
  れてきます。

  払戻しの場合は、最寄りの郵便局の窓口で、払戻しに係る請求書を持参して払
  戻し金を受け取って下さい。

以上で、ゆうちょ銀行でのお手続きは完了となりますが、ご不明な点につきましては幣事務所にご遠慮なくお問い合わせ下さい。


★ゆうちょ銀行相続手続きサポート


上記のとおり、ゆうちょ銀行の窓口担当者であっても、ゆうちょ銀行の相続手続きに精通しているわけではなく、説明があいまいであるために、かなりのストレスがかかります。

幣事務所では、戸籍の収集からゆうちょ銀行窓口担当者との対応貯金口座の解約・払戻し手続きを代行しております。
依頼者様には、原則として、相続人様全員に必要書類に押印をして頂くのみでお手間をお掛けしません。

ストレスなくゆうちょ銀行の相続手続きを完了させるために、ぜひ、幣事務所の「ゆうちょ銀行相続手続きサポート」をご利用ください。

相続手続きに必要な戸籍関係書類一式の取り寄せのみの代行もしております。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。  >> 戸籍の取り寄せ代行サービス


●サポート内容と報酬

遺産整理受任者として、ゆうちょ銀行における相続手続に必要な書類の収集・作成・預貯金の解約払戻し手続きのすべてを行います。


業 務 名 報 酬 額 実  費 合  計
基本プラン
○相続手続に関するご相談対応
○相続確認表の作成及び提出
○戸籍謄本等の取り寄せ
○相続人関係説明図の作成
○ゆうちょ銀行における手続書類の手配
○残高証明書の取得
○預貯金の相続手続き
75,600円 ・戸籍・住民票取得手数料
・戸籍の取り寄せに必要な郵送料
・残高証明書の取得手数料
・振込手数料
75,600円
+
実費

※上記は、相続人が配偶者及び子供のみの場合におけるお手続きをする場合の基本報酬額とな
 ります。
 また、他の金融機関も同時に請求する場合には1行につき32,400円がプラスされます。
 初回面談時に詳しいお話を伺った上で、お見積もりをさせて頂きます。

追加オプションプラン
○法廷相続人が兄弟姉妹の場合 +10,800円
○代襲相続が発生している場合 おひとりにつき +10,800円
○数次相続が発生している場合 おひとりにつき +10,800円
○遺産分割協議書の作成 32,400円 ~
○相続人の方へのお手紙作成 相続人お1人につき +10,800円

※相続税の申告については、提携の税理士が行います。
※別途、戸籍、住民票、郵送料等の実費が必要となります。


相続のお手続きは「泉佐野 相続手続相談室」にお任せ下さい!




泉佐野相続手続相談室 ご利用のメリット相続手続一括代行サービス泉佐野相続手続相談室 サービスメニュー&料金プラン



業務対応エリア


大阪府 : 堺市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取
      町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市




Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.