banner

【相続コラム】相続放棄と死亡保険金の関係

被相続人に多額の借金があって、
プラスの財産よりマイナスの財産があきらかに多い場合、
相続の開始があったことを知ってから3カ月以内に相続放棄の手続きをすることで、
被相続人のすべての財産を相続しないという選択をすることができます。


そこで、相続放棄に関するご相談の中で、
特に多いものに次のようなご質問があります。


 ・相続放棄をすると、父の死亡保険金は受け取れないの?
 ・死亡保険金を受け取ってしまうと、相続放棄はできないの?


生命保険契約において契約者である被相続人は、
保険事故が発生した場合に保険会社に対し、
死亡保険金を受け取る方(死亡保険金受取人)を指定しますが、
この死亡保険金受取人に誰を指定しているのかによって事情が異なります。


相続放棄をした場合でも死亡保険金を受け取れるのか?


(1)特定の方を死亡保険金受取人として指定している場合

  例えば、死亡保険金受取人を「配偶者」と指定している場合です。
  この場合、死亡保険金は、
  被相続人の死亡と同時に、最初から死亡保険金受取人に帰属します

  つまり、被相続人と同時に死亡保険金受取人の固有財産となりますので、
  相続財産には含まれません

  よって、相続放棄を行った後でも、死亡保険金を請求することが可能です

  また、死亡保険金を受け取った後であっても、
  相続の開始を知ってから3ヵ月以内であれば、相続放棄をすることができます。

  ただし、その他の相続財産を処分(財産の名義変更や消費)してしまった場合には
  「単純承認」したものとみなされ、後に多額の借金が発覚しても、
  相続放棄することはできなくなってしまいますのでご注意ください。

  判例上、後に多額の債務があることを知った場合には、
  その時から3ヵ月以内であれば、相続放棄が認められるケースもあるようですが、
  あくまでも例外であって、ご自身のケースでもあてはまるとは限りませんので、
  十分に財産を調査してからご判断ください。


(2)死亡保険金受取人が「法定相続人」とされている場合

  この場合は、保険契約者の意思を合理的に推測し、
  「相続人」とは保険事故発生当時の被保険者の相続人たるべき個人
  と解するのが相当とされています(最高裁昭和40年2月2日判決)。

  つまり、契約者が死亡保険金受取人を「相続人」と抽象的に指定した場合であっても、
  保険金を請求する権利は保険事故発生当時の被保険者の相続人の固有財産とされるため
  (1)と同様に相続放棄することができます

  また、相続人が複数いる場合には、特段の事情のない限り、
  相続分の割合によって権利を有するという指定があったもの
  とされています(最高裁平成6年7月18日判決)。


(3)契約者が死亡保険金受取人を指定しなかった場合

  この場合は、契約者自身を保険金受取人とする指定があったものとされ、
  保険金を請求する権利は契約者自身に帰属することになります。
  契約者が被保険者である場合、保険金請求者である契約者の死亡により、
  死亡保険金は相続財産に含まれることになります。

  よって、この場合、法定相続人が相続放棄をすると、
  保険金請求権を失うことになり、死亡保険金を受け取ることができません。


  また、この場合、保険金の請求をしてしまうと「単純承認」したものとみなされ、
  以降は、相続放棄することができなくなってしまいますので、
  十分に遺産の調査を行った後に、保険金を請求する必要があります。


相続放棄の手続きについてはこちら ↓ のページをご覧ください。
>> 相続放棄の手続きについて


幣事務所では、遺言・相続・成年後見制度などに関する
無料相談を行っております。
どんな些細なことでもかまいませんので、
心に引っかかっていることがありましたら、
ご遠慮なく、ご相談下さい。


相続のお手続きは「泉佐野 相続手続相談室」にお任せ下さい!




泉佐野相続手続相談室 ご利用のメリット相続手続一括代行サービス泉佐野相続手続相談室 サービスメニュー&料金プラン


★業務対応エリア


大阪府  : 堺市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡
      町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市




Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.